わざと病気になって肥満を解消するような考え方はしないように

病気にならないようにする為に、わざわざ自分の体重をしっかりと落とす事が求められているのではないでしょうか。

どのような病気なのかによって、その予防方法が大きく違ってくると考えられますが、多くの病気の場合に自分の体重を減らす事で、その予防ができるようになっています。

これは、明らかに肥満が色々な病気の原因となっている事の証拠にもなるのではないでしょうか。

しかし、病気の種類によっては、その病気になってから体が衰弱していって、その結果として体重が一気に落ちる事も考えられます。

しかし、肥満が原因となって引き起こされる病気では、体重が減る事はありません。

ですから、このような病気になった場合は、わざわざ病院にて体重を落とすように治療が進んで行きます。

こう考えると、病気にも色々なメカニズムがあるという事が分かりますが、体重が減るから病気になるまで好きなものを食べ続けていれば良いという考え方は、できるだけ今の内からやめておいた方が良いのではないでしょうか。

私の体の中は、今どのような状態になっているのでしょうか。

このように考えるのは、私が最近とても太ってきているからです。

外見としては肥満の状態に見えていても、実はそれは外見だけの話なのではないかと自分を疑ってしまいます。

ただ、このような考え方はあくまでも現実逃避である事は十分に分かっています。

体の中にはとても多くの脂肪分が蓄積されている事は、自分でも良く分かっているつもりです。

ですが、その現実を自分に対して突きつけられる事が嫌なだけだと思って下さい。

そのような時に、どうやって痩せていくのかを考える事があります。

これも私の悪い癖なのかも知れませんが、できるだけ楽をしながら痩せていきたいという気持ちが私の中にはあります。

特に病気をしてしまうと痩せる事になりますから、それを利用して痩せたいと思っています。

しかし、それも自分の体を痛めつけるだけですし、もしも肥満による病気にかかっていれば、痩せる処の話では無くなってしまいます。

きちんと自分で対応を取るように心掛けます。